自己破産のメリット・デメリット

自己破産の最大の利点は借金が帳消しになる

自己破産は、裁判所による免責決定が下されれば、本人の全ての債務が帳消しになることが最も大きなメリットです。
自己破産は国家的な個人再生の制度ですので、これ以降は、全ての債務者からの取り立て(催促)は一切おこなわれませんので、晴れて自由の身になるということです。

平穏な日常生活を取り戻すために

自己破産はその言葉が持つネガティブなイメージとともに社会的な落伍者的を想起させるかもしれません。しかし、自己破産というシステムは、借金を帳消しにしてくれるという画期的なものです。誰にでも生きる権利があり人生の再生のチャンスがあってしかるべきです。もし、不覚にも債務返済不能に陥ったら、迷わず自己破産を選んだ方が、その後の人生を有意義に生きることができると思います。

ブラックリストに載ることは覚悟が必要

自己破産にもデメリットはあります。やはり、大きな問題は信用情報機構に事故情報として登録されること。すなわちブラックリストに載ってしまうことです。その結果、新たにローンを組むことやクレジットカードの発行および使用が5年から最大10年間位はできなくなります。

また、官報にも自己破産したことが公告されます。さらに、自己破産の申し立てから免責が決定され、さらに復権されるまでは、特定の職に就けないというデメリットがあります。(弁護士、司法書士、警備員、宅建主任者、保険の外務員など)

ただ、官報は国の情報誌的なものですので一般の人が目にする機会はありません。職業制限も免責決定までの間です。クレジットカードやローンの問題は日常生活に影響しますが、これは自己破産をおこなった後ですから、しばらくは堅実に現金のみで生活して経済的な安定を目指すべきでしょう。

借金がゼロになる事を考えればブラックリストの問題など大したこと無いと考えた方が建設的です。

自分に適した債務整理を選ぶ

自己破産は、4つの債務整理手続きの中で最後に取る手段と言われています。自己破産は借金の帳消しですが、その他の債務整理は、その人が持つ借金の内容や過去から現在まで含めた貸金業者との取引内容によっては、債務を減額できたり、払い過ぎた利息を取り返す(過払い金返還)ことができるからです。ですので、債務返済不能だからと言って、安易に自己破産を選ばずに違う再生の道が無いか?検討した方が良いでしょう。いちど自分に適した債務整理は何であるかを法律の専門家にヒアリングしてみましょう。

自己破産はある意味合理的なシステムです
自己破産をおこなうことで社会の落伍者になってしまうと躊躇する人も多いと思います。確かに言葉のイメージが悪いのは事実ですが、前述のとおり自己破産は国が作った個人再生プログラムです。何かトラブルを起こしても人は再生されるべきです。そういう意味では、国がつくった合理的なシステムですので、図らずも借金を背負って返済が難しくなったら自己破産をおこなっても決して恥ずかしいことではありません。まずは、専門家に相談しませんか?必ず良い解決法が見つかります!
借金問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理の実績豊富な専門家【相談無料・全国対応】

日野司法書士事務所
債務整理でお悩みの方に最善の解決策をご提案致します。借金問題は早めに解決することが何より重要です。新たな生活の第一歩をご支援します。

メールで無料相談

事務所詳細

新大阪法務司法事務所
正確・親身・低価格を実現する借金問題の専門家です。借金問題は長引かせてもいいことはありません。お金の悩みに全力で向き合います。

メールで無料相談

事務所詳細

サンク総合法律事務所
借金問題で悩むのはもう止めましょう。弁護士があなたに適した解決手段をご提案します。初期費用は0円で分割・後払いも可能です。

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
大阪府

近畿エリア対応。相談無料!!知ってます?借金がゼロになったり、お金が戻って来る事を。無料で弁護士や司法書士に相談して、借金の悩みもゼロにしませんか?実績多数の安心・信頼の弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ